わたくしはの間学2年生だ。わたくしには好きな人間がいらっしゃる。彼氏は野球部のピッチャーで研究もでき、奥様の憧れでした。部活が始まると黄色い応援がいつも飛んでいらっしゃる。私の資質は人目と比べると物悲しい皆さんだ。媒体がよむのが好きでいつも書斎にいて、書斎からいつも領域を見て陰ながら彼氏をいつも応援していらっしゃる。彼氏を好きになった大切は、ある日試験のフロントで友達と勉強していたら家路深夜なり、一人間で物悲しい夜道を帰っていました。するとガラの低い3人間組織の男が話かけてきました。わたくしはおどおどとして怖くて逃げようとしたら二の腕をつかまれてハッとしました。男らはニヤニヤしています。すると男の腕がサッと振りほどけました。ぱっと見上げると部活帰りの彼氏でした。彼氏は「オジンたち暇なの?僕たち今からデートだから邪魔しないで」といいました。3人間組織の男は「何だ男いたのか」と去って行きました。わたくしは何が起きたかわかりませんでした。すると彼氏が「いきなりごめんね。なんか困ってそうだったから」とわたくしに言いました。わたくしは助けてくれてありがたくて彼氏の勇敢さにパルスしました。そして、その日は夜間遅いからまずいとお家もおんなじ方向だったのでお家の近くまで送ってくれました。その日の事案で私の心に矢が刺さりました。それからたまに彼氏の帰りをまちぶせして偶然を装い一緒に帰っていらっしゃる。一緒に返るうちに彼氏ともうちとけ日帰りあった事案や彼氏の話などいろいろ話して帰ります。ある日彼氏が「今まで部活帰り一人間で疲れて帰ってたから一緒に舞い戻る人間がいると明るい」と言われました。わたくしはこれからはデイリー彼氏と一緒に帰りたいと望みがでました。夏休みに入ったら彼氏と一緒に帰れなくなり会えないことがが淋しいと思ったので夏休み前に発表しようと意志しました。1学期の終業ランクのお天道様、彼氏をいつものようにまちぶせをして一緒に帰りました。別れ際に彼氏を引き止め「明日から夏休みに混じるね。今まで一緒に帰ってたから寂しくなる。ほんとはね前からずっと好きでした。夏休みも会いたいだ。」と発表しました。すると彼氏が「思いの外楽しい。僕も夏休み会えなくなるの寂しかったから。これからはデイリー一緒にいたい」と言ってくれました。わたくしは快くて涙が出ました。お互いに眼を見つめ笑顔になりました。そして初めてのデートの公約をして、楽しい夏休みの出所となりました。
http://xn--3p-g73a3cvb.biz/