Month: 2月 2017

わが家に入り浸ってるくせにいつまでも知人気持ち分な義弟の女房

四六時中義父宅へおさんどんをしに行っている。
姑は数年前に他界、義父宅にはまだ結婚していない義弟が2人間住んでいる。
夫3人間ではディナーの用意や洗浄洗濯など何かと苦労することが多いためわたくしがいくことになったのですが、最近は義弟の最初人間が亭主を住まいに入り浸らせるようになってしまいました。
女手があり亭主も一緒に食事するなら亭主にディナーの設定くらいしてもらえばいいと思うのですが、いかなる講習で育ったのかミールがほとんど出来ないらしき。
わたくしが居ない時は冷凍夕食か出来合いの総菜を買い込んで食べて要る対処。
これでは義父の現役実情にも問題があるし、さらには義父の偏食も悪化するだけなので結果わたくしがやることに。
しかしこういう義弟の亭主は私のことをメード様とでも思っているのかまったく何も手伝おうとはせず、ディナーが出来上がってから義弟のルームから出てきて、ディナーが終われば始末を手伝おうともせずにわたくしがお皿を引き下げるのを待っているだけ。
最初のところに試合にきていた時ならいざしらず、今では1ウィークほど泊まり込ん現れることもあるのでいくら以外人間であれさすがに知人ではないだろうとわたくしは思っています。
義弟は惚れた欠点かまったく文句を言うわけでも無くニコニコと。
わたくしは亭主が生じるたびにイラっとさせられっぱなしだ。
わたくしとは15才ほど離れた亭主ですが、たったの15年で以外人間の家でこんなに横柄な行いを出来る子供たちに変化してしまったのでしょうか。
以外人間の家で作法をわきまえられない人間間にはイライラさせられます。
http://xn--p8je8hk4kva3o5a9b2eukma9m8msd3499c.net/

昔は、怖くて見れなかった漫画を大人間になってからみよう

昔からアニメを見ることがお宝だったこちらですが
唯一怖くて見れなかったものがあります。
それは、名探偵コナンだ。
殺害されるシーンや犯人間が知るまで黒い面影ではたらく立場が
幼いながらにして気がかりをおぼえました。

しかし、大人間になってふとレンタルショップに行った際
思い出深いアニメを見ていたら名探偵コナンが、ふと目につきました。

昔は、見れなかったけどあらすじに目を通してみると
みてみたいという期待が生まれました。
大人間になってみてみると生死に対しての認識をしているので
とてもはまりました。

昔に捉えれなかった、コナンくんの蘭に対しての想定や
殺人間の重さなど心に生じるものがありました。

あとは、黒のグループの立場がとても好きです。
矢面には、面構えを出さず背面社会で通じる人間タイミングムードが描かれてあり
現代社会でもありえそうなリアルなプロデュースが、さらにアニメの面白さを引き出しているようにも
感じます。

コナンと蘭の友達以来異性人間以下の関係もリアルでうれしいだ。
お互い意識しているのに素直に言葉にできない外観が
世の男女にぴんと生じるものがあり、大人間でも酔いしれる要素ですよね。

アニメと映像とも話が繋がっているので見逃さないように
みてしまう。
現在も映像が発表の場合で黒のグループとのチャレンジがあります。
http://xn--y8jp1jzbvj3b7l5a.biz/